2012年04月29日

害虫の法則(害虫に勝てるのは1回だけと心得よ。)

病院前のグミの木に花が咲いたとおもったら、アブラムシがたかっていました。葉っぱが縮れて可愛そうなので、消毒をしたのですが、2日経っても全然平気に増えています。去年は、1日で居なくなったのに!

消毒剤に耐性を獲得しているようです。農家の方が苦しんでおられる、アレです。農薬と害虫のイタチゴッコ。

ここでもか、という感じです。抗生剤に耐性のある細菌が増えているように害虫も強くなっているんですね。農業では、最近は天敵生物を使う方法が盛んに取り入れられているそうです。例えば、アブラムシにはテントウムシとか。

抗生剤の効かない細菌の天敵はファージ(ウイルスの一種)です。
農業と同じように使えるといいのですが。。。。聞いたことありません。大学院生の方、研究してみませんか?
posted by marfy at 20:29| Comment(0) | 日記

2012年04月24日

フクロウの法則(最近、人間に取り憑いて「ホー」と言わせる)

思い出して下さい。

ファミレスで、
メニューの「ホー」はお決まりですか?、
コーヒーの「ホー」はいかがですか?
こちらが、レシートの「ホー」になります。
GSでは、
灰皿の「ホー」替えますか?

お外は、取り憑かれている人ばかりだな〜と思いつつ当院に帰ってくると
電話がかかってきて、
車検手続きの「ホー」はお済みですか?

まったくしょうがないなーと思っていると、スタッフが

「○○ちゃんのお世話のホー終わりました。」!!!

バタンキューです。   ;(@<>@);


posted by marfy at 08:51| Comment(0) | 日記

2012年04月20日

バランスの法則(ある意味、命はもらい物である)

今日は、体調がすぐれないせいかこんなことを思っています。

毎日の食卓に並ぶものは命の残光。
某国の独裁者が生き残るためには反政府者の命を奪う必要があったり。
植物ですら毒を出して他の植物を枯らす必要があったり。
どの命も他の命を削ること無しには生きてゆけないようです。
一方で、自分の命を少し削って他の多くの命を育む(はぐくむ)こともできます。
生まれて来る命は母親が命をけずってくれたから。
救急で助かる人は救急医が自分の命をけずってくれたから。
おいしいご飯は農家が自分の命をけずってくれたから。
そのようにして命も流れてゆくもののようです。
posted by marfy at 21:23| Comment(0) | 日記